お役立ち情報

日本産業規格(JIS)を制定・改正しました(2022年1月分)[経産省]

投稿日時: 01/20 統括管理者1

以下の案内がありましたので、お知らせいたします。詳細は、下部をご覧ください。

ーー

JISは、鉱工業品、データ、サービスの品質、性能や試験方法などを定めた国家規格であり、社会的環境の変化に対応して、制定・改正しています。

1.今回のJISの制定・改正内容

今回は、9件の制定及び23件の改正を行いました (資料1)。
中でも以下のJISの制定は特に重要です。

①真空ガラスに関するJIS制定
住宅やビルの省エネルギーの鍵は「断熱性」です。真空ガラスは、窓の断熱性を大きく高める製品です。窓ガラスとしての製品化は、我が国が世界で最初に行いました。
この真空ガラスは、これまで国際規格によって、断熱性や耐久性を評価することで、市場を拡大していましたが、詳細なJISを制定しました。
このJISの制定によって、省エネルギーを推進しながら、夏は涼しく、冬は暖かく部屋を保つことのできる快適・健康な生活が期待できます。


2.JIS(日本産業規格)とは

JIS(Japanese Industrial Standards)は、製品、データ、サービスなどの種類や品質、それらを確認する試験方法又は評価方法や、要求される規格値などを定めており、例えば、生産者、サービスの提供者、使用者・消費者などが安心して品質が良い製品を入手したり、サービスの提供を受けることができるために用いられています。
経済産業省では、技術の進歩や、社会的環境の変化等、必要に応じて、JISを制定・改正しています。

JISについて、詳しくは、下記のサイトを御覧ください。
日本産業標準調査会ホームページ
経産省ホームページ標準化・認証

(資料1)2022年1月20日公示JISリスト.pdf

(資料2)真空ガラスに関するJIS制定.pdf